気ままに写真散歩

自由気ままに撮ってゆこう。18時更新

Sakura Sakura

私は桜について何も知らない



毎年辺り一面を桃色に染め上げるこの花について

私は何を知っているだろうか


桜は日本文化と切っても切り離せない存在である

昔の人は桜が咲いてはすぐに散ってしまう様子に儚さを感じた


しかし花が散って桜の一年が終わるわけではない

むしろ咲いていない時期の方が長いのだ

その間も桜は生きている

花が散ると人は全く関心を失ってしまう



今まで一体、桜の何を見てきたのだろうか?



にほんブログ村 写真ブログへ

薄暮の桜

桜はとても身近にあるノスタルジー

昨年はたくさんの桜を撮りましたが、今年は忙しく天候もすぐれないのであまり撮れそうにないです。

だから、お花見スポットへ行くのではなく、近所の一本桜と真剣に向き合ってみました。


にほんブログ村 写真ブログへ

天邪鬼のお伊勢参り

私だけが見た伊勢神宮


伊勢神宮について、清々しい・尊いといった感情がある一方で、どこか複雑な思いが私にはあります。

多分それは、何度も参拝して、もっと深く知りたいと思ったからこそ出てくるものなのだと思います。

そんなわけで、誰も知らない神宮を撮ってやろうという天邪鬼な写真を毎週日曜に掲載していきます。