気ままに写真散歩

自由気ままに撮ってゆこう。18時更新

虹の写真を撮る🌈

の写真というのは撮影が難しい被写体の一つだと思います。滝つぼみたいに虹が発生しやすいスポットを除くと、そもそも出会うのが難しい。いざ虹に出会ったとして写真が撮れる環境にいるかどうかも問題です。

matome.naver.jp

こんなにきれいな写真はめったに撮れないと思いますが、運よく虹に出会えた時の写真です。

f:id:ot0rip604:20160118171127j:plain

被写体
撮影日時2015年12月
撮影データ35mm f11 1/320 ISO100 露出-0.3


虹の撮影方法

虹を上手く撮るためのポイントはこんな感じだそう。

  • 露出補正をマイナスにする
  • PLフィルターを使う
  • 背景がシンプルになるようにする

このうちPLフィルターは持っていなかったので❌。
Kenko PLフィルター PRO1D WIDE BAND サーキュラーPL (W) 77mm コントラスト上昇・反射除去用 517727
移動すればもう少しくっきり見える場所があるかと思ったのですが、段々薄くなってきてしまったので咄嗟に何枚か撮りました。

f:id:ot0rip604:20160118171128j:plain

172mmの望遠で切り取ってみる。


実はこのとき、運よく副虹も撮ることができました。

雨上がりに、太陽と反対方向の地表から空にかけて現れる七色の円弧状の帯。空中の水滴によって太陽光が分散されて生じる。内側が紫、外側が赤の虹を主虹と呼ぶが、ごくまれにその外側に離れて、色の配列が逆の虹が見えることがある、その虹を副虹という。

副虹 - はてなキーワード

f:id:ot0rip604:20160118172408j:plain

薄くて見えにくいので、彩度や明るさを調整。

f:id:ot0rip604:20160118172409j:plain

かなりきつめに補正してやっと見えるレベルですが、普通の虹とは逆になっているのが分かります。


最後に

機会が少ないだけにあまり情報も多くない虹の撮影について。写真より解説メインで長々と書いてしまいましたが、どこかでお役に立てれば幸いです。

そしてやっぱりPLフィルターは必要。

フィルター沼にも嵌ってしまわないかと心配しながら今日はこの辺で。

広告を非表示にする