気ままに写真散歩

思いついた時に更新します

「手水舎フォト」で振り返る3年間

神社好きの自分が神社に行くたび撮っているのが手水舎てみずしゃの写真です。

f:id:ot0rip604:20160218150610j:plain

被写体竹筒から流れる水
撮影日時2016年2月
撮影データ50mm 1/250 F2.5 ISO100 RAW撮影

つい先日撮ったばかりの一枚です。個人的にはこれがベストショットなんじゃないかなと思ってたり。

ここから先は3年前からさかのぼって紹介していきます。その時々によって撮り方が変わったりしていて、少しずつは成長しているのかと実感できます。


1 コンデジで撮った手水舎

f:id:ot0rip604:20160218150555j:plain
撮影日時2013年4月
撮影データ4mm 1/60 F3.2 ISO60
どう見てもただの記録写真ですね。旧型のコンデジで何も考えずに撮った一枚です。


2 一眼(旧型)で撮った手水舎

f:id:ot0rip604:20160218150556j:plain
撮影日時2014年8月
撮影データ20mm 1/40 F4 ISO200
一眼だから画質は良いものの、上とほとんど変わりません。絞りが小さいのでピントが甘いですし、後ろの旗が白飛びしています。

そもそも当時は全部カメラ任せで、何も考えてなかったです。


3 冒頭と同じ被写体

f:id:ot0rip604:20160218150557j:plain
撮影日時2014年9月
撮影データ37mm 1/60 F5.6 ISO400
この頃から似たような撮り方になってきているようです。なんだか散漫な印象。


4 雰囲気は好きだけれど

f:id:ot0rip604:20160218150558j:plain
撮影日時2014年9月
撮影データ33mm 1/30 F4.5 ISO100
ピントが微妙にズレてる気がします。後から確認したら……ということは今でもあるので、撮った後しっかりチェックする癖をつけないと駄目ですね。


5 ここからいつものカメラ

f:id:ot0rip604:20160218150559j:plain
撮影日時2014年9月
撮影データ35mm 1/60 F4.5 ISO100
手前の柄杓にピントが合っていますが、構図的に一番撮りたかったのはたぶん龍なので、ズレてる写真です。構図ももう少し改善の余地がある気がします。
 ちなみにこれは京都の伏見稲荷大社なのですが、このときの写真も500枚ぐらい眠ってるいるのでどこかで出したいです。初めて行ったので記録写真的なものが多いですが…。


6 

f:id:ot0rip604:20160218150600j:plain
撮影日時2014年9月
撮影データ35mm 1/60 F4.5 ISO100
これも同じ日ですが、上と似たような感じですね。どこを撮ろうとしていたのかよく分からない。


7

f:id:ot0rip604:20160218150601j:plain
撮影日時2015年1月
撮影データ50mm 1/100 F3.2 ISO100
ここで初めて登場するのが例の撒き餌レンズです。

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応

ここから「ボカす」ということにハマってとにかくボカしまくってます。


8

f:id:ot0rip604:20160218152430j:plain
撮影日時2015年3月
撮影データ55mm 1/100 F5.6 ISO800
前から4つ目ぐらいの柄杓にピントが合っていますが、手前でいいんじゃないかと今なら思います。あと、余計な空間が多いので縦位置でよかったかも。


9

f:id:ot0rip604:20160218150602j:plain
撮影日時2015年3月
撮影データ50mm 1/160 F1.8 ISO100
この構図、「ボカして日の丸構図で斜め右後ろから」の呪縛から、今も逃れられていないような気がします。


10

f:id:ot0rip604:20160218150603j:plain
撮影日時2015年3月
撮影データ50mm 1/400 F1.8 ISO100
9、10がここまで同じなのは撮った日が同じだからだ、と思いたいです。


11

f:id:ot0rip604:20160218150605j:plain
撮影日時2015年3月
撮影データ50mm 1/400 F1.8 ISO100
月は同じですが別の日に撮った写真です。ここに来てようやく違う角度から。


12

f:id:ot0rip604:20160218150606j:plain
撮影日時2015年8月
撮影データ100mm 1/125 F4.5 ISO100 +0.3補正
たぶん雨の日で暗かったのだと思いますが、ISOが高くてノイズがひどいです。Mモードを使うとかRAWで撮るとか考えられますが、去年の8月にはそんなこと全く頭になかったです。


13


撮影日時2015年8月
撮影データ55mm 1/80 F4 ISO100
これは良い方です。背景はもう少し考えたかった気もします。


14

f:id:ot0rip604:20160218150608j:plain
撮影日時2016年2月
撮影データ50mm 1/15 F6.3 ISO100
やっと戻って来ました。トップと同じ日です。今までは人のいないタイミングを見計らって、ということが多かったのですが、人が入っている写真の面白さみたいなものに気付いたので、この日はそういうのが多いです。
 ただ、顔が入らないように撮ったので構図的には微妙な感じになってしまいました。と言っても近づいて真横から撮るのもなんだか失礼じゃないかと考えてこうなりました。望遠を使えばよかったかもしれませんが、手元にない……。こういうときズームレンズが欲しくなります。


15

f:id:ot0rip604:20160218150609j:plain
撮影日時2016年2月
撮影データ50mm 1/400 F2.5 ISO100
トップと同じ被写体です。背景はこちらの方がすっきりしていて良いのですが、手前の柄杓が邪魔。かといって撮影のためにどけるのも。(目の前に神職さんがいます)ということで少し移動して冒頭の写真になったのです。

まとめ

以上、3年分の手水舎フォトでした。

今から見ると色々と物足りないと感じる写真が多いですが、少なくとも撮影時よりは幅広い考え方ができるようになった ということなのかなと思います。(それを実践できるようにならなければ意味ないですが)
改善すべき点としては、

  • 構図が似通っている
  • ピントがズレている
  • 背景がごちゃごちゃしている

という辺りが見えてきたので、今後はこれらを意識していきたいです。

こんな風に同じ場所だとかモノを撮り続けていると、自分の癖や変化の様子が見えて面白いです。是非試してみてはいかがでしょうか。

広告を非表示にする