気ままに写真散歩

自由気ままに撮ってゆこう。18時更新

あじさいを撮ろう ~さわやか編~

f:id:ot0rip604:20160612094824j:plain

被写体青空とあじさい
撮影日時2016年6月
撮影データ55mm F8 1/160 ISO100


前回の続きです。
ph0-t-0rip.hateblo.jp


あじさいを“涼しげ”に撮る

 あじさいは普通にオートで撮ると、どちらかと言えばしっとりした感じになる被写体です。
そんなあじさいで、夏の香り漂う涼しげな写真を撮るというのがここ最近の目標でした。
 ――そして以下が色々試行錯誤した結果になります。

f:id:ot0rip604:20160613114044j:plain

被写体青空とあじさい
撮影日時2016年6月
撮影データ135mm F7.1 1/400 ISO100
さわやか→青空という単純な理由で、空抜け。惜しむらくはお昼頃で太陽が真上にあるのであじさいが少し暗くなってしまいます。


f:id:ot0rip604:20160613114043j:plain

被写体あじさい
撮影日時2016年6月
撮影データ180mm F5.6 1/250 ISO320 +0.7EV
日の当たるあじさいを背景に持ってきました。
やや無駄な空間が多いかも…。

f:id:ot0rip604:20160613114045j:plain

被写体あじさい
撮影日時2016年6月
撮影データ250mm F6.3 1/320 ISO160 -0.7EV
木陰に一本立っていたあじさい。暗がりの中で輝く姿に神々しさを感じたような…。


今年のベストあじさい

私の中で一番納得のいく出来になったかなと思うのがこちら。

f:id:ot0rip604:20160613121534j:plain

被写体ベストあじさい2016
撮影日時2016年6月
撮影データ50mm F2 1/400 ISO100 +1EV
ローアングルから、光の透ける花を撮りました。色温度も低めにして透明感を強調。玉ボケもいい感じに出てくれました。


まとめ

今までの被写体が右に寄りがちだった写真と比べてみて、やっぱりフレーミングって大事なんだなと思います。

……今後は構図づくりをもう少し意識できるよう精進します。



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
もしよろしければ

広告を非表示にする