気ままに写真散歩

思いついた時に更新します

飛騨大鍾乳洞 ~美しく輝く洞窟~ 

f:id:ot0rip604:20160825134745j:plain

被写体飛騨大鍾乳洞
撮影日時2016年8月
撮影データ18mm F9 6" ISO100

青い光に照らされる地下水が幻想的です。



古代ロマンにあふれる? 標高900mの鍾乳洞

飛騨大鍾乳洞は1965年に発見された、日本一標高の高い場所にある鍾乳洞。海底に堆積していた石灰石が雨水で溶かされています。

2007年に隣接する大橋コレクション館から時価総額2億の金塊が盗まれたことでも有名です。*1


f:id:ot0rip604:20160825134753j:plain↑「竜宮の夜景」

洞窟の中はライトアップされ、幻想的な空間が広がります。

f:id:ot0rip604:20160825134750j:plain

通路も整備されているので歩きやすいです。サイトには「古代ロマン」とありますが、どちらかというと近未来を感じます。

f:id:ot0rip604:20160825134746j:plain

ただ、寒い真夏でも10℃前後という極端な寒さなので、羽織る物があったほうがいいでしょう。 私は半袖でした。

ライトアップの功罪

見る分にはとてもきれいなライトアップですが、写真を撮るにはなかなか難しいシチュエーションです。


f:id:ot0rip604:20160825134754j:plain
↑もはやホラー

単色のLEDで照らされていると、こんな風に潰れて色飽和しやすくなります。

かと言ってフラッシュなんか焚いてしまうと…

f:id:ot0rip604:20160825134747j:plain

これがありのままの姿なのですが、折角のライトアップが台無しです。

f:id:ot0rip604:20160825134748j:plain

ライトアップされていると言えかなり暗いので三脚もしくは一脚は必須です。

鍾乳石自体はかなり小さめで、少し離れたところからしか見られないので望遠寄りのレンズがおすすめ。


からあげ

f:id:ot0rip604:20160825134749j:plain

どう見てもからあげ*2


国会議事堂

f:id:ot0rip604:20160820194244j:plain

そう言われれば見えなくも…*3


そして我々は最深部へ

鍾乳石やライトアップが見られるのは最初だけ。奥へ進むにつれ段々洞窟っぽさが増してきます。

f:id:ot0rip604:20160825134751j:plain
ウドの洞窟栽培。

f:id:ot0rip604:20160825151033j:plain
月面…みたいな名称だったと思います。

撮影データ18mm F8 10" ISO200
もちろん実際はもっと暗いです。長時間露光は他の方の通行の邪魔にならないよう気を付けましょう。それに寒いので辛い。



エピローグ:帰還

鍾乳洞を出ると、かなり高いところまで登ってきているのが分かります。中にいるうちは分かりませんが、意外に歩いているのです。

うだるような暑さの中、通路を下っていきます。「イワナの天国」を横目に見つつ。

入口に着くとちょうどお昼時。

ああ、モネの池、行きたかったなぁ…。

そんなことを思いながら帰路につくのでした。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
おかげさまで初めて今月のPVが1000を超えました! ありがとうございます!(^^)!

*1:ちなみに、今の金塊は見るも無残な姿…

*2:これ自体がから揚げと呼ばれている訳ではないです

*3:これは正真正銘「KOKKAIGIJIDOU」と書かれています。なぜローマ字表記なのか

広告を非表示にする