読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに写真散歩

自由気ままに撮ってゆこう。18時更新

ふりさけ見れば、春日なる④ ~石灯籠を読む~

神社

f:id:ot0rip604:20160910183648j:plain

昨日の吊灯籠に引き続き、本日は「石灯籠」でございます。

春日大社の門の前には所狭しと石灯籠が建てられており、二千基のうちほとんどがここに密集しているのではないかと思います。


※今回もものすごく長いですがお付き合いいただけると嬉しいです。

石灯籠について

これさえ知っておけば多少石灯籠を楽しめるのではないかという部分をまとめました。

石灯籠の各部名称

灯籠ってどこを見るべきなのかよくわからないですよね。基本的な部分の名称をまとめました。

f:id:ot0rip604:20160910183647j:plain

春日の石灯籠

以前にも書きましたが、本来灯籠というのは石製のものです。仏前に供える灯りが仏教伝来とともに伝わって来たとされます。
 ではなぜ寺にあるべき灯籠がこんなに沢山神社にあるのでしょうか。
 これはあくまで私個人の想像ですが、第一に春日大社が創建されたのは768年。つまりちょうど仏教や灯籠が伝来した直後のことです。
 そして第二に中世のころ神仏習合によって興福寺と(ほぼ)一体化していたことなどが考えられると思います。

そんなこんなで、次第に春日大社に灯籠を奉納する習慣のようなものができ、今のようになったのではないでしょうか。


灯籠を見る

では実際に春日灯籠を見ていきましょう。

宝珠

ほうじゅ。石灯籠の上にある丸い玉です。いかにも仏教らしい部位です。


これは結構大き目な灯籠。下の反っている部分は「請花」です。仏像が蓮の花に乗っているのを思い浮かべます。


おや、宝珠のない灯籠?

f:id:ot0rip604:20160910190130j:plain
と思ったらそばに落ちていました。

特に古い灯籠は部位が落ちたりして危険。あちらこちらに「灯籠に近寄るな」と書かれています。

f:id:ot0rip604:20160910190131j:plain
あまり丸くない宝珠もあります。なんだかこの形はボン○ーマンみたい…。

火袋

ひぶくろ。ここに蝋燭などを入れて灯りをともします。調べてみると六角形=春日型とされているのを見ますが、現地では四角形のものが多かったような…。
 他の神社を見ても大体四角形です。


式年造替に伴って献灯の印が貼られています。高い灯籠なんかにはよく貼ったなーと思います。

f:id:ot0rip604:20160910190133j:plain
火袋が木製、それ以外は石になっているもの。これは春日大社独特なのではないでしょうか。若宮へと続く参道に多い印象。

火袋はいずこに? 謎灯籠

参道には灯籠の存在意義が全く果たせないような謎の灯籠も。


火袋がありません。これでは灯りが灯せない。

f:id:ot0rip604:20160910190135j:plain
事故かなと思ったのですが、この付近だけ妙に固まっている灯籠。どれも「壺神社」と書かれています。気になって夜は眠れるので何かご存知の方がいらっしゃったら教えてくださいm(-_-)m

竿

さお。灯籠の柱の部分です。

f:id:ot0rip604:20160910190136j:plain
よくあるタイプのもの。ちょっとくびれてます。


逆に膨らんでます。なんだか江戸っぽいなーと思ったり。


竿が四角。火袋が方形のものに多いです。神道風の装飾が少ない灯籠ですが、どこかダンさも感じます。

f:id:ot0rip604:20160910190138j:plain
竿がくびれて四角。棒状よりも安定しそうな形です。そのためか大き目の灯籠に多かった。

基礎

大きな灯籠は基礎も立派。

f:id:ot0rip604:20160910193757j:plain
兵庫の永代講のグループが奉納したらしい灯籠。


こちらは日丸講と書かれています。

まとめ

さて、ここまで読んで頂けた方ならば、一言に灯籠と言っても色々な違いがあることをお分かりいただけたかと思います。

もし神社仏閣を訪れた際は、灯籠をじっくり見てみてください。そして写真を撮ってみてください。きっと新しい発見があるはず…。

最後に、春日大社で一番大きい(?)と思われる灯籠を。

f:id:ot0rip604:20160910193801j:plain

参道に入ってすぐのところにあるものです。3mぐらいはあったかな…。


ここまで長々と書いてきましたが、私自身も灯籠初心者なので、間違い等見つけたらご報告いただけると幸いです。

今回も長文にお付き合いくださりありがとうございましたm(__)m


にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ

参考サイト

春日大社 - Wikipedia――春日大社の歴史
石灯籠の歴史、種類、名称、材料などを解説――石灯籠の名称
http://park.geocities.jp/kubokin615/touroumeishou/touroumeishou.htm――石灯籠の名称
石灯篭入門――石灯籠の分類

広告を非表示にする